KeepAlive のエアレーターとライブウェルは
あなたの釣魚を元気に活かします
!

 

エアレーターとライブウェルの説明

 

 

ープライブのエアレーターと生餌水槽


メール

 

http://keepalive.net/japan/KeepAlive_logojp.gif

ープライブ

酸素循環システム

トーナメンター、プロ推薦

ソフトタッチの超微小気泡


メール

Tel. 042-749-3401

潟Eッドマン
228-0001  神奈川県座間市相模が丘1-19-11

Fax 042-749-3670

 

image005.gif

 

http://keepalive.net/flags/japanflag.gif

http://keepalive.net/flags/usaflag.gif

http://keepalive.net/flags/spainflag.gif

http://keepalive.net/flags/netherlandflag.gif

http://keepalive.net/flags/italyflag.gif

http://keepalive.net/flags/franceflag.gif

http://keepalive.net/flags/germanflag.gif

http://keepalive.net/flags/portugalflag.gif

 

 image005.gif

 

ホーム

主目次

ポータブルタイプ 

水循環用

取水ユニット

水槽

釣りのための酸素

エアレーション
(ブクブク機能)の説明

低圧セラミックディフューザー

ビルジポンプ

アクセサリー

据付け方

技術情報

お買い求め
(販売店等)

潟Eッドマン

 

image005.gif

 

エアレーターとライブウェルの説明

 

image005.gif

 

 

 

 

 

 エアレーターとライブウェルの説明

はじめに

生け簀で活餌とキャッチアンドリリース対象の釣魚を活き活きとさせておくために必要な基本的なことをお話しします。

いろいろなタイプのエアレーション(水への空気溶融装置、日本ではエアーポンプとかブクブクと言われています。)がありますが、その長所短所を説明します。  

エアレーションの基本的考え方(コンセプト)

まず、誤った考え方(コンセプト)が多い。

よくある誤りは、次の二つです。:

1.   多くの魚を活かすには大きな生け簀が必要。

2.   大きな生け簀で多くの魚や生餌を元気に保つには、大量の水を入れ替えることができる大きなポンプが必要。

どの程度の空気(酸素)供給が必要かは、われわれ人間と魚を見比べてみればよくわかります。

  われわれ人間の場合

·         大きな部屋なら空気が入らないところでも何時間か生きていられます。

·         押入れのようなところなら、もっと早く酸素が無くなります。

·         スノーケルを付けないで泳げば、非常に早く酸欠になります。

·         どの場合でも、新たな酸素が供給されなければ、結局死んでしまいます!

しかし、われわれ人間は新鮮な外気や酸素を吸うためのチューブかスノーケルがあれば、閉じ込められた場所の大きさやまわりの空気がどうあろうとも、ずっと生きていられます。

魚の場合

  • 3,800リットルの水槽に魚一尾を放せば、長い期間生きている。

·         38リットルの水槽なら、もっと早く酸素が無くなります。

·         水槽から魚を取り出し、テーブルの上に置けばほんのすこしの間しか生きていられません。

·         どの場合でも、新たな酸素が供給されなければ、魚は結局死んでしまいます。

しかし、魚はエラを湿らせて酸素を与えてやれば、いつまでも生きている。魚にとっては水槽の大きさは関係ない。

魚にとってエアーレーターは、われわれ人間にとってのスノーケルのようなもの!  

エアレーター及びスノーケルの大きさ

結論

·         ストローを使って呼吸することは、大きなスノーケルを使うときよりよりずっと難しい。.

·         小さな非能率的なエアレーターでは、大きな能率的なものより酸素供給量が少ない

·         エアレーターで十分な酸素が供給できれば、水槽の大きさは気にする必要がない。 水槽の水を時々入れ換えるのは、アンモニアを取り除くためです。 水槽の水量が少なければ少ないほど水を入れ換える回数が増える。

エアレーターの基本性能

次の2つが考慮すべき重要な性能です。

1. 水流の緩やかさと方向
2. 泡の大きさと量

水流の緩やかさと方向

ニシン、グリーンバックスやホワイトのような弱いベイトを1日活かしておくには、水槽の水流をソフトに緩くする必要がある。激しい流れはベイトを弱らせてしまう。

水槽の理想的な流量は、およそ1.5から3 Kilometers per hourで、循環していること。 これにより、魚が群れをなして泳ぎ、エラに適度の水流がエラに供給される。 水流が早すぎるとベイトはすぐに弱って元気を失ってしまう。 魚が水槽の一定の場所で泳いでいる状態で、水流をできるだけ緩くしてください。  

水温

水温が高くなれば、水中の酸素量が減少する。 ほとんどのエアレーターは、多くの魚が入った水槽に十分な酸素を供給できません。

水温が低いほど、酸素を多く含んでいます。 氷の入ったプラスチックボトルを利用すれば水槽の水温を下げ、かつ、塩素を減らすことができます。注意事項: 魚を水温の異なる水槽へ急に移し変えると、魚はショックを受けてしんでしまいます。魚は、釣り上げた同じ水、温度で活かしておくのが最も良い。

気泡の大きさと量

普通のエアーレーターで発生させた気泡をよく見てください。気泡が直ぐに水面へ出てしまいます。水の中に空気があまり融けていきません。見ていると綺麗ですが。気泡は水の中に留まっていないと役にたちません。概ね、気泡が小さければ小さいほど、水の中に永く留まり空気が水に融けやすくなります。

気泡について

気泡が小さければ小さいほど、ゆっくりと上昇し、水の中に永く留まってより多くの空気が水に融ける。

海水は比重が高いため、気泡は、真水のときより小さくなる。

直径20mmの気泡は、体積が4.19 cm3で表面積は12.6cm2です。

その気泡と同じ量の空気で直径3mmの小さな気泡が260個できます。この小さな気泡 の全表面積は83.6 cm2になります。直径20mmの気泡の6.6倍です。

理論的には、小さな気泡は、6.6倍の空気を水に溶かします。

気泡の大きさが重要であることを知れば、いろいろなエアーレーター装置の有効性が容易に明らかになります。!

生餌水槽

生餌水槽にはいろんな形状、大きさがあります。楕円形か円形の水槽が循環に最適です。 しかし、長方形や方形のものでも、「水流を起こすもの」を入れてやれば満足し得るものとなります。 望ましい水循環を引き起こし、魚が群泳するようになります。

水槽とライブウェルにかんして

水槽にはいろんな形状や大きさがあります。円形もしくは楕円形が最適ですが四角や長方形のものでも水流が起こし安い容積のものはライブウェルにも使用四角や長方形のものでも水流が起こし安い容積のものはライブウェルにも使用できます。水流があるということは水が循環して魚に遊泳しやすい環境が与えられます。

また、例えばバス野ゴイの様に特に回遊しなくても良い魚種には円形や楕円形の水槽である必要はありません。エビなどをキープするときは網のようなものか目の粗い布に包まれた石など何かエビなどがつかまっていられるものをいけすの中に入れてやるとエビなどは水流に巻き込まれたりせず穏やかに生息させてやる事が出来ます。

空気と酸素について

酸素は勿論よりたくさんの魚をキープすることが出来ます。ただし純粋酸素を使用するときは余計に与えすぎてはいけません。空気と酸素は基本的に異なる正確だという事を理解しておきましょう。

空気

人は呼吸により酸素を取り入れ炭酸ガスを発生させます。そして炭酸ガスは大気中に放出されます。水中で呼吸したときはこの炭酸ガスは水中に溶融してから大気中に吐き出されます。これがエアレーションの流れです。

個々の水中の気泡は酸素をその中に取り込み、又その一方だ炭酸ガスをも取り込みま す。気泡がゆっくり水面ではじけて大気中へ放出します。 このとき気泡が小さければ小さいほど適量の酸素がいつまでも水中に残り続けます。

酸素

酸素は空気よりずっと高密度な酸素を取り入れます。このことは同じ水槽の中ならもっと大量の魚や生餌をキープできたり、もっと魚や生餌を活性化させる力を示しています。しかしながら酸素で作られた気泡は炭酸ガスを取り込むことは致しません。つまり魚が吐き出す炭酸ガスが水中でどんどんたまってしまうのです。水中で酸素と炭酸ガスの比率が同じかそれ以上になったとき魚は魚は水中より酸素を取り込めなくなってしまうのです。密閉された水槽で炭酸ガスを取り除ける条件が無いときは魚はたとえ酸素を使用していても窒息死してしまいます。

: 酸素過多でも魚が死にやすくなります

USING OXYGEN SYSTEMS

酸素システムを使用して

 

Oxygen systems are predominately used by large aquariums such as Georgia Aquarium,  Monterey Bay Aquarium, Ripley’s Aquariums, and Sea World.  They are now available at affordable prices to all fishermen.

酸素システムは、主にこのようなジョージア水族館、モントレーベイ水族館、リプリーズ水族館、シーワールドなどの大型水族館で使用されます。彼らはすべての漁師に手頃な価格で利用できるようになりました。

 

 

Theory suggests that large percentages of oxygen in water will turn your bait into star performers and attract more fish. Fish are attracted to faster moving bait. Many members of the Southern Kingfish Association have been using pure oxygen systems for many years.

理論は、水中の酸素の大きなパーセンテージはスターパフォーマーにあなたの餌をオンにし、より多くの魚を誘致することを示唆しています。魚は、より速く移動する餌に魅了されています。サザンキングフィッシュ協会の多くのメンバーは、長年にわたって純酸素システムを使用しています。

 

To increase the oxygen percentages higher than what would be normally found in the water entering your live well, the intake pumps to the well should be turned off. Otherwise, oxygen enriched water produced by your oxygen system will be dumped overboard and defeat the purpose of producing livelier bait. 

通常、あなたのライブをよく入る水で発見されるものよりも高い酸素割合を増加させるために、十分に吸気ポンプはオフにする必要があります。それ以外の場合は、お使いの酸素システムによって生成された酸素富化された水は船外に投棄し、生き生きと餌を生産する目的を敗北されます

USING AERATORS WITH OXYGEN SYSTEMS

O2システムとエアレーターを使用しました

 

Aeration systems should be turned off when enriching water with higher than ambient levels of oxygen. When aerators are on, they will try to keep oxygen levels at normal conditions. You won't produce livelier bait, but they will remain healthy. Remember that oxygen cannot absorb and dissipate CO2, so high levels of CO2 in the water will eventually kill your bait. Watch your bait occasionally to see if they start to stress. If stress occurs, immediately start your aeration system or change the water in the live well. This condition is extremely rare in a rolling boat, since degassing will occur naturally with water moving in contact with air.

酸素の周囲のレベルよりも高いと水を豊かにするとき曝気システムはオフにする必要があります。エアレーターがオンである場合、それらは通常の条件で酸素レベルを維持しようとします。あなたが生き生きと餌を生成しませんが、彼らは健康を維持します。酸素は二酸化炭素を吸収し、消散させることができないことに注意してくださいので、水中でのCO2の高レベルは最終的にあなたの餌を殺すでしょう。彼らはストレスに始めるかどうかを確認するために、時々あなたの餌をご覧ください。応力が発生した場合は、すぐに曝気システムを起動したり、ライブウェル内に水を変更します。脱気水が空気と接触して移動すると自然に発生しますので、この条件は、ローリングボートでは極めてまれです。

 

One recommendation when fishing tournaments, is to keep aeration and oxygen systems both operating until 20 minutes prior to reaching your fishing area. Then turn off the aeration or fill pumps to allow oxygen levels to build in the water, and allow time for the bait to increase physical activity. CO2 levels will be low in the live well, so more time can be spent fishing rather than observing your bait. When changing areas, replace the water or start the aerator.

トーナメントの釣りときに一つの勧告は、曝気と酸素のシステムは、両方のあなたの釣りエリアに到達する前に20分まで動作し続けることです。そして、通気をオフにしたり、酸素レベルが水の中に構築できるようにするためにポンプを記入し、餌は、身体活動を増加させるための時間を可能にします。 CO2レベルはそれほど多くの時間は釣りを過ごしたのではなく、あなたの餌を観察することができ、ライブウェル内に低くなります。エリアを変更する場合は、水を交換するか、エアレーターを起動します。

FISHING OXYGEN INFUSION SYSTEMS

釣り酸素注入システム

 

Pure oxygen systems will keep your fish livelier and healthier than aerator systems. In addition, they are self contained and no external power is required!

純酸素システムは、エアレーターシステムよりも生き生きと健康的なあなたの魚を維持します。さらに、それらは自己完結型であり、外部電源は必要ありません!

 

 Fishing oxygen infusion systems are designed for use in a marine environment. They are the latest technology for anglers to maintain bait and catch. Oxygen systems have been used by large commercial fish farms and aquariums for many years. KeepAlive® provides oxygen systems to large aquariums and this technique is now available for all anglers.

釣り酸素注入システムは、海洋環境で使用するために設計されています。彼らは釣り人が餌とキャッチを維持するための最新の技術です。酸素システムは、長年にわたって大規模な商業養魚場や水族館によって使用されています。 KeepAlive®は大きな水槽に酸素システムを提供し、この技術は現在、すべての釣り人のために利用可能です。

 

OXYGEN REGULATORS, DIFFUSERS, AND CYLINDERS

酸素レギュレータ、ディフューザー、各気筒

 

http://www.oxygeninfuser.com/oxygen/KA902%20complete.jpgFishing regulators use a CG540 valve to connect the regulator to the oxygen cylinder. The cylinder can be filled at most welding shops.  They are never used for medical purposes.

釣りレギュレータは、酸素ボンベにレギュレータを接続するためにCG540バルブを使用しています。シリンダーは、ほとんどの溶接店で充填することができます。彼らは、医療目的のために使用されることはありません。

 

Marine grade fishing regulators are exposed to the marine elements and are made of brass with nickel plating. Anodized aluminum regulators with internal brass, designed with non-rusting components and designed to prevent intrusion of spray and humidity can be used and are a good alternative choice for many anglers. They can be either a needle valve or rotating barrel with preset openings. The rotating barrel is the preferred choice. Only a small amount of oxygen is needed to maintain fish so the first settings are very small.

マリングレードの漁業規制当局は、海洋の要素にさらされているとニッケルメッキを施した真鍮で作られています。内部真鍮とアルマイトレギュレータ、非錆のコンポーネントを使用して設計し、スプレーや湿度の侵入を防ぐように設計が使用され、多くの釣り人のための優れた代替選択肢であることができます。彼らは、予め設定された開口部を有するニードル弁または回転筒のいずれかになります。回転バレルは好ましい選択です。酸素の量が少ないが、最初の設定が非常に小さいので、魚を維持するために必要とされます。

 

Never lubricate or spray your regulator. This will contaminate the regulator and may render it inoperative.

あなたのレギュレータを潤滑したり、スプレーでください。これは、レギュレータを汚染し、それが動作不能にすることができます。

 

The diffuser is the most important item of your equipment. Inexpensive air stones http://www.oxygeninfuser.com/oxygen/KA970_Cropped.gifwaste precious oxygen. Bubbles are large and do not maintain contact with the water long enough, and are of little use to good oxygenation. Diffusers are made of ceramic with tightly formed pores.

ディフューザーは、お使いの機器の中で最も重要な項目です。安価なエアストーンは、貴重な酸素を無駄に。気泡が大きく、十分な長さの水との接触を維持していない、との良好な酸素化にほとんど役に立ちません。ディフューザはしっかり形成された細孔を有するセラミックから作られています。

They require 25 to 35 lbs of pressure to force the oxygen through ceramic pores, resulting in micro-fine bubbles. The bubbles are so small that they stay suspended in the water and the water absorbs the oxygen. Ceramic diffusers will give many years of service. If the pores clog at the surface due to impurities in the water, a light sanding on the ceramic surface will generally solve the problem.

彼らは、マイクロ微細気泡が生じ、セラミック孔を通じて酸素を強制的に圧力の2535ポンドが必要です。気泡は、それらが水に懸濁させたままほど小さく、水が酸素を吸収します。セラミックディフューザーは、サービスの多くの年を与えます。毛穴が原因で水の不純物を表面に詰まらせた場合は、セラミック表面にサンディング光は、一般的に問題を解決します。

 

Oxygen cylinders usually come in three or four sizes, made of aluminum and powder coated to prevent rust spots on your boat, and use the CG540 welding valve. Use the largest cylinder that will fit on your boat comfortably. The cost of refilling a cylinder is generally the same, so there are substantial savings if you are fishing frequently.

Some welding shops have programs where you can purchase your cylinder and trade it for another filled cylinder immediately. The only disadvantage to this type of program is that the cylinders are steel and care must be taken to prevent rust spots on your boat.

Care must be taken to secure the high pressure cylinder securely to your boat.

酸素ボンベは通常、アルミニウムとあなたのボートにさびスポットを防ぐためにコーティングされた粉末で作られた、3つまたは4つのサイズ入って来て、CG540溶接バルブを使用しています。快適にあなたのボートに収まる最大のシリンダーを使用してください。シリンダーを再充填のコストはほぼ同じなので、あなたが頻繁に釣りしている場合、実質的な節約があります。

一部の溶接ショップは、あなたのシリンダーを購入し、すぐに別の充填されたシリンダのためにそれを交換できるプログラムを持っています。この種のプログラムの唯一の欠点は、シリンダは、鋼であり、注意があなたのボートにさびスポットを防ぐために注意しなければならないということです。

ケアはあなたのボートに安全高圧ボンベを確保するために注意しなければなりません。

 

 

 

Oxygen trans-fills can be used to fill your smaller boat cylinders from larger welding oxygen cylinders to reduce oxygen costs. Care must be taken to SLOWLY crack open cylinder valves to allow oxygen to transfer SLOWLY. TRANSFERRING OXYGEN TOO QUICKLY MAY OVERSTRESS YOUR CYLINDERS AND CAUSE HEAT BUILDUP ON YOUR CYLINDER. To ensure good safety practices and prevent errors, use trans-fills that have slow filling orifices.

酸素トランスフィル酸素コストを低減するために、より大きな溶接酸素ボンベからのあなたの小さなボートのシリンダを充填するために使用することができます。ケアをゆっくりと酸素がゆっくりと転送することを可能にするオープンシリンダーバルブをクラックするために注意しなければなりません。あまりにも速く酸素を転送しても、シリンダをオーバーストレスとあなたのシリンダーに発熱の原因となります。良好な安全対策を確保し、エラーを防ぐ、遅い充填口を持つトランスフィルを使用します。

 

 

Warning: Not for medical use.

ALWAYS FOLLOW GOOD SAFETY PRACTICES WHEN USING OXYGEN!

Pure oxygen is not an explosive. It is an oxidizer and allows things to burn more quickly. Never smoke or have an open flame in the proximity of pure oxygen.

警告:ない医療用。

酸素を使用する場合は常に良い安全対策に従ってください!

純酸素は爆発的ではありません。これは、酸化剤であり、物事をより迅速に書き込むことができます。絶対に喫煙しない、または純酸素の近くで開いて炎を持っています。

http://www.keepalive.net/guide_files/image006.gifエアーストーン式エアレーター

エアーストーン式エアレーターは、小さな容器でベイトを活かすためには費用のかからない方法です。静かで魚に優しいのですが、気泡が典型的に大きいので、多数のベイト用としては大量の気泡が必要となります。

エアーストーン式エアレーターは、より小さな気泡を造り出すエアレーターに較べ、同量の空気でより少数のベイトしか養えません。

 

 

http://keepalive.net/lowpressurediffuser_files/image007.gifIf a bubble aerator is the only option available, invest in a low pressure ceramic air diffuser.  

バブル曝気装置は、唯一のオプションが利用可能である場合、低圧セラミック散気装置に投資しています。

 

KeepAlive® manufactures a low pressure ceramic diffuser with micro bubbles that dramatically improves the efficiency of a bubble aerator. They are expensive in comparison to air stones because of the intensive  manufacturing process, but if a bubble aerator is your only option in maintaining fish, then purchase a high quality bubble aerator and couple it with the KeepAlive® KA975 Low Pressure Ceramic Diffuser.

KeepAlive®は劇的バブル曝気装置の効率を向上させることができるマイクロバブルと低圧セラミックディフューザーを製造しています。彼らはので、集中的な製造プロセスのエアストーンに比べて高価であるが、バブル曝気装置は、魚を維持する上で、あなたの唯一のオプションがある場合、KeepAlive® KA975 低圧セラミックディフューザーと高品質のバブル曝気装置やカップル、それを購入してください。

 

 If properly maintained, your low pressure ceramic diffuser will provide for many years of efficient service.  

適切に維持した場合、あなたの低圧セラミックディフューザーは、効率的なサービスの多くの年のために提供します。

 CHOOSING AERATOR PUMPS AND BOAT PUMPS

エアレーターを選択すると、ポンプやボートパンプス

 

 When maintaining fish with pumps, the most important requirement is the reliability of your pump. They are all similar in appearance, and it is difficult to decide which pump will provide long lasting reliable service by looking at them.

ポンプで魚を維持する場合、最も重要な要件は、ご使用のポンプの信頼性です。それらの外観はすべて類似しており、それらを見て長期持続信頼性の高いサービスを提供しているポンプを決定することは困難です。

 

 

 Many pump manufacturers just add intake bases to their bilge pumps and call them livewell pumps. Bilge pumps do not require the endurance to operate for long periods of time, and many brands of bilge pumps cannot provide the stamina of continuous operation as boat pumps.

多くのポンプメーカーは、ちょうど彼らのビルジポンプに摂取拠点を追加し、livewellポンプそれらを呼び出します。ビルジポンプは長時間動作させるために持久力を必要とせず、ビルジポンプの多くのブランドは、ボートのポンプとして連続運転のスタミナを提供することはできません。

 

 

The following aeration systems use pumps to maintain fish in boat live wells. Choose your pump wisely!

次の曝気システムはボートライブウェル中で魚を維持するためにポンプを使用しています。賢明なあなたのポンプを選択してください!

スプレイ・バー式エアレーター

スプレイ・バー式エアレーターは、水面に小径の水流を噴射することによって水に酸素を供給するものです。 水しぶきがスプレイ・バーから水面に至るまでにいくらかの空気は水に溶け込みます。そして、水しぶきが水面に当たったときに気泡が水の中に注入されます。 この気泡は大部分かなり大きなものです。

スプレイ・バーからのジェット水流は、通例、弱いベイトには過酷なものです。ベイトを保護するぬめりやうろこが簡単に剥がれ落ちて、その生命力は劇的に短くなってしまいます。

スプレイ・バー式は、能率の悪いエアレーション装置であり、強いベイトにしか用いるべきでありません。

ベンチュリ管式 エアレーター

この方式は、旧来の技術であり、よく目にするタイプです。吸引カップのあるフロートタイプとか底置式のエアーレーターとして販売されています。

ポンプから噴出す水流が早いため、真空状態を造ってしまいます。このため、かえって噴出水流から空気が吸い取られてしまいます。この方式はこれまでにお話したどのエアレーターよりも小さな気泡を大量に造り出すことはできるのですが。

ポンプからの水流が早いため、機種によってはベイトを弱らせてしまいます。

取水ポンプ

取水ポンプは、ライブウェルに新鮮な水を常時供給でき、また、水温と生成されるアンモニアの問題を解決できます。清浄な水が確保できるならば、これまでにお話したどのシステムよりも多くのベイトを活かせておけます

 

KeepAlive・ 酸素インフューザーズ(Infusors)システム

KeepAlive Infusors は革新的な酸素注入システムです。
すべてのシステムの中で抜きん出ていることを保証します!
他のシステムと似ているように見えますが、
KeepAliveの原理は全く異なります。ポンプの推力で空気を水に溶け込ますのです。生成された微細な気泡は、命を与える酸素を保持しながら、ポンプからライブウェルへと優しく送られます。、

KeepAlive Infusors は、特に、ニシン、グリーンバックスやホワイトなどの弱いベイトにふさわしいように設計されています。  水の中で何百万の微小気泡が永くとどまって、ベイトや釣り上げた魚に多くの酸素を供給します。 最小機種で20リットルのバケツを220リットルのドラムやライブウェルに匹敵するように、空気を優しく効果的に溶け込ませます。KeepAlive Infusors  は、海水中で使用すると微細な気泡の集まりが発生するため、本体が見えなくなるほどです。

水冷システムのため水槽の中に10時間程度入れっぱなしにしておいてもモーター作動熱による水温上昇は殆どありませんので水を外循環にする必要はありません。
糞などで汚れたときだけ水を入れ替えてやれば十分です。

水流の速さは、魚が一定の位置で群泳するよう、空気制御部でコントロールできます。

KeepAlive Infusors は、吸盤付を付けた底置き型、浮遊型、あるいは取水型としても使えます。 変換キットは、あなたのお使いのビルジポンプやライブウェルポンプにエキサイティングなKeepAlive技術を載せます!

KeepAlive Infusors は、他のどんなエアレーション・システムよりもベイトを元気に永く活かせることができるので、時間とお金を節約する投資と言えます。...保証します!

ベイトが死んでしまって、時合いが到来する以前に釣行を中止することのないように!

是非 KeepAlive Infusors を釣り道具に加えてください!

KeepAlive. . . エアレーションの最新技術!

ベイトが死んでしまって、時合いが到来する以前に釣行を中止することのないように!

是非 KeepAlive Infusors® を釣り道具に加えてください!

KeepAlive® . . . エアレーションの最新技術!


お買い求めは

KeepAlive Oxygen Infusor ®
インターネット注文か行きつけのタックルショップで!

KeepAlive のエアレーターとライブウェルは
あなたの釣魚を元気に活かします。
!